漫画、ゲームネタをとりあげたり作ったり、ニュースを紹介したりするブログ
 
カミカゼ☆エクスプローラー! 通常版カミカゼ☆エクスプローラー! 通常版
(2011/08/26)
Windows

商品詳細を見る
一言レビュー/
ああ……それにしても胸がでかいっ……

ゲーム「カミカゼ☆エクスプローラー!」レビュー
公式サイト↓
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!
 総合評価/印象
 60/B
 シナリオ/32  グラフィック/16  キャラクター/5  実用性/5  その他/2
*100点満点、シナリオ50点、グラフィック20点、キャラクター、実用性、その他10点
  印象(おすすめ度)はAが最高、Dが最低、Sが特別。
  点数は低め、レビューは甘めが基本なので、80点満点ぐらいのつもりです。

 ↓点数の基準はこちらにのせています
 ■ゲームレビュー目次


今より少し未来、気候や地表の変化が起き、人の生活圏が少し狭くなってきた時代のお話。
緩やかに変わる世界に呼応するように、若い世代の間で “メティス” と呼ばれる特殊な力を持った者が現れるようになる。

不思議な風が吹くという逸話が残る上ヶ瀬市では、祐天寺グループを中心とした複数の企業による出資のもと、一部浸水した区画を埋め立てて澄之江学園(すみのえがくえん) が創設され、特殊な力を持つ者の育成・教育が行われていた。

主人公・速瀬慶司は、そんな能力とは無縁の生活を送っていたが、ある日、学園のエージェントと名乗る人物からなぜかスカウトされ、澄之江学園に入学することに。
そして、ふとしたきっかけで、澄之江学園とその周辺の問題調査(という名の困り事解決) をする 『学園都市調査研究会(通称:アルゴノート)』 に参加するようになる。

これまで体験したことのない出来事にとまどいながらも、胸を躍らせる毎日。
そんな中、澄之江学園、そして再開発された上ヶ瀬市には妙な噂があると耳にするのだった――。

 (公式サイト、STORYより引用)
 メティスという超能力に目覚めた人間を育成する学園に入学した主人公と、学園のメティスパサー(超能力を保持した人間)たちの物語。
 粗筋はそこまで珍しいものではない。
 だが、絵がとても綺麗かつ可愛いので目を引く作品になっている。
 …………というか胸がでかい。
 主に胸がでかい。
 メインヒロインほぼ全員、サブキャラ(女)半数の、胸がやたらでかい。
 それが最大の特長かも? と思うぐらいである。
 Rewriteとは違う意味でおっぱいゲーである。
 他の要素としてメティスを使った戦闘シーンもあるといえばあるが、メインは普通のギャルゲーなのでそっちにはあまり期待しない方が良いだろう。

■点数解説、シナリオ・キャラクター
シナリオ32/50 ・大体同じ流れで柔らかく着地
キャラクター5/10 ・甘々丸々な可愛いキャラ多し
 シナリオについては、共通ルート→個別ルートという普通の流れ。
 個別ルートも、ヒロインと接近、結ばれる→Hシーン数回→事件発生、解決→エンディングという全キャラ同じ流れをたどる、普通で無難、悪く言えば平凡なシナリオ。
 キャラの邪魔をしていないともいえるが、キャラの魅力を十分引き出せていないともいえる。
 そこらへんはサブキャラの補完も含めてファンディスクとかでやってくれるのだろうか……?
 キャラについては、総じて可愛い……そして胸が大きい。
 以下キャラに対する感想。

 ・速瀬慶司
 主人公。メティスをコピーする能力、ジョーカーの使い手。
 いろんな意味で万能キャラ。メティスに対する興味が具現化したかのような能力だが、個別シナリオに入るとヒロイン優先になってしまうため、能力の面白さはちょっと減退する感じ。速瀬慶司自身をメインにしたルートもあったら面白かったのだが。

 ・姫川風花
 天然キャラ。空気を圧縮した不可視の盾アイギスの使い手。
 胸が大きい。
 全シナリオ通して無敵の盾で仲間を守る癒しキャラ。個別シナリオでもその印象はそれほど変化がない。
 多分、主人公がそのコピー能力で、一番便利に使わせてもらったのがアイギスだろう。
 時にはオリジナルである風花よりうまくアイギスを使ってみせたりするのだから、不憫としかいいようがない。

 ・祐天寺美汐
 お嬢様キャラ。炎を自在に発生させるメティス、プロミネンスの使い手。
 当然のように胸が大きい。
 全編通してその抜群の攻撃力で押し通すパワータイプ。個別ルートでは最終的にすごいことになる。
 が、性格的にはヘタレという面白いキャラ。ただ、2人のサブキャラが常にくっついているので、そっちに興味が分散してしまうのが痛いところだろうか。

 ・速瀬 まなみ
 主人公の妹。手にした鉛筆などを硬化して、障害を貫通・突破するメティス、ペネトレイターの使い手。
 やはり胸が大きい。
 主人公にベッタベタな妹という、ベタな妹キャラ。能力がかなり限定的なので他のルートではあんまり目立たない。
 個別ルートでは妹という設定と能力を十分生かしたシナリオが展開されてて良い。
 
 ・沖原 琴羽
 主人公の幼なじみ。
 水中での呼吸や水圧の低減、体温の保持など各種水中での活動をサポートするメティス、マーメイドの使い手。
 胸があからさまに大きい。設定上一番でかい。
 実際、あまりにもでかすぎて、私服姿の時、一瞬妊婦に見えてしまった。
 能力が地味。陸ではなんの役にも立たない。他のヒロインのルートではほとんど能力の出番がない。
 てっきり能力を生かして水中でのHシーンとかあるのかなと思ったけど、別にそんなのはなかった。

 ・宇佐美沙織
 主人公の先輩、風紀委員。
 自分の影から複数の疑似生命体を作りだし、命令に従わせるメティス、アンブラの使い手。
 このキャラも胸が大き……あれ!? 大きくない!! 不思議!!
 唯一の貧乳キャラ。主人公たちと比較的敵対している風紀委員であることもあって、他のルートでは目立たず、個別ルートで光るヒロイン。
 個別ルートにおいては、一番面白いシナリオ、キャラだったと思う。胸が小さいところも、このゲームにおいては希少価値でステータス。
 Hシーンもこのキャラだけ特殊で、面白かった。
 先に2、3キャラ攻略して、だれてきたらこのキャラを攻略するといいだろう。

■点数解説、グラフィック・実用性
グラフィック16/20 ・不自然な気もする大きさですよねあの胸。
実用性5/10 ・絵が良いだけに良い感じ?
 グラフィックの質については何の文句もつけようがない。せいぜい、胸でかすぎじゃね? ということぐらいだ。立絵から一枚絵、背景、全て良いと感じた。
 が、量については、ちょっと不満がある。
 一枚絵の量に関してはシナリオが短めだからこんなもんかな、と納得したが、立絵の無いキャラがいて、後半の戦闘の迫力があんまり……。
 他の所で完成度が高い分、そこだけ抜けているのがどうにも気になってしまった。
 実用性は、萌えゲーとしては数も質も平均的。絵はいいのだが、綺麗さとエロさはまた違うので、抜きゲーほどではないだろう。
 しかし、極端なHシーンや絵が苦手という人なら、こっちのほうが満足できるのではないだろうか。

■点数解説、その他・総合
その他2/10 ・綺麗に無難
総合60/100 ・尖ってないのが美点で欠点……なのか?
 その他については、絵と完成度で加点。
 総合は60点でおすすめ度はB。
 無難にオススメできる作品である。絵から感じる印象を決して裏切らない、期待通りのゲームだった。
 ただ、絵以外の部分、派手な超能力バトルなどに期待してやると、ちょっと不満かもしれないが。
 公式サイトの絵を見て気に入ったならやってみて損はないだろう。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bunsekikukanti.blog10.fc2.com/tb.php/142-78e92ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック